振袖はレンタルならば手間もかからず気軽に楽しむ事が出来ますよ

着物・振袖・袴 Rental Collection

Recent Posts

振袖はネットレンタルのほうがいい理由

成人式や大学の卒業式などで着用する、振袖や袴。可愛いデザインも多くなり、実際に着用することを心待ちにしている女の子も多いのではないでしょうか。しか…

More...

レンタル振袖の借りる時期はいつがいい?

成人式の時、大体の人は振袖を着ると思います。そんな時は、購入するよりもレンタルがお勧めです。なぜレンタルをお勧めするのかというと、成人式が終わるとほとんど…

More...

レンタル振袖の選び方を知っておくのが良いです

私は、兄の結婚式の時にレンタルの振袖を借りました。兄たちが結婚式でたくさんのタキシードやドレスなどを借りていたため、振袖は半額で借りることができました。そ…

More...

レンタル振袖でリーズナブルに楽しむ

成人式は人生で一度きりの大事な節目のイベントです。せっかくだから自分のお気に入りの振袖を着たいです。人それぞれ、こんな柄や色が着たいなんて夢は持っていると…

More...

なるべく早めに行動をしておいた方がいいですよ

着物姿の女性

今年娘の成人式で、レンタル振袖を使用させていただきました。私の場合、去年の8月に初めて店舗を訪れました。来る時期が遅かったようで娘に合った綺麗な振袖を見つけるのに非常に時間がかかり、大変な思いをしました。一人娘だったこともあったり、成人式への準備の知識を全く持っていなかったことも原因だったと思います。
たくさんの店舗を回って感じたのは、赤い振袖が人気が高かったということです。赤色は映える色味を持っているのでなくなるスピードは早いとのことでした。娘は幸いにも赤い色は似あわなかったので淡い色を最終的には選びました。お店の方からも理想は2年前だと丁度良いと聞いたので、素敵な振袖をいちはやく見つけるためにも2年前からくることをおすすめします。
また、レンタル振袖屋さんに置いてある髪飾りはレンタルすることができないので購入するしかありません。その上、ほとんどの髪飾りは高価なので、私は別の店舗で買うことで安く済むことができました。なので着物は立派なものにしたいけれど小物類は安く抑えたいという方はそちらをおすすめします。一人一人についてくれる従業員さんとの相性も振袖を選ぶ上で重要だと思います。私たちを担当してくれた従業員さんは予算や好み等丁寧に聞いてくれて、条件にあった振袖を紹介してくれました。成人式までの期間とはいえ信頼して任せられる人を選ぶことが大事だと感じました。

レンタル振袖なら冒険も出来る!

成人式や親戚の結婚式などで振袖を着た方も多いかと思いますが、振袖って、日常で着る機会というのは少ないですよね。姉妹が居るという事であれば振袖を購入して、お姉さんと妹さんとで最低でも2回は成人式用に使う事が出来ますが、そうでなければ例え購入した振袖であっても理由をつけないと普段着として着るのも難しいですよね。
そう考えると振袖を使いたい時にだけ気軽に楽しむ事が出来る「振袖レンタル」というのはとても便利ですね。振袖は高い買い物ですし、保管方法にはとても気を使わなくてはいけません。1度着てしまった振袖はそのままにしておくと汗をかいたところが黄色や茶色に変色してしまいす。
また、長い間タンスの中などに入れておくとニオイも気になりますし、虫食いも出来てしまったりしますよね。
レンタル振袖は、事前にどんな色の振袖が自分に似合うか、などを検討比較する事が出来る点が良いですよね。人気のあるものは他店舗に期間内でさらに貸し出しをしているところもあるようですので、前もって予約を入れておくと安心です。
事前予約をすることで自分好みの振袖を安心して楽しむ事が出来ますよね。購入した振袖はクローゼットやタンスの中に入れて保管すると場所も取りますし、時々湿気を逃す作業など手間もかかります。その点レンタルならば手間もかからず、気軽に楽しむ事が出来ますね。

卒業式振袖が綺麗に見えるデザインとは

先祖代々の血が騒ぐドキドキの瞬間。それは、袴や振袖に手を通すイベント。卒業式もその1つですね。この機会に是非レンタルで、ご自身を引き立てる素敵なデザインの振袖を選びましょう。
レンタルの振袖は普段のお洋服と違って、今後も親戚や友人の結婚式などで活躍するフォーマルアイテム。そして、海外旅行で着る事が出来れば、外国のイケメン達の目は必ずあなたに釘付け。そんな究極のモテアイテムでもあります。更に、親から子に受け継ぐことが出来る家宝とも言えます。だからこそ、自分らしく、納得出来るデザインを選びたいですね。綺麗の基準は人それぞれですので、レンタルでタイプ別の色柄の選び方をお伝えします。
王道、誰にも愛されるデザインのツートップは、やはり、赤と紺でしょう。伝統的ですし、飽きが来ません。可愛さ、華やかさでしたら、赤地。清楚さを目指すなら紺地。細めに見せたいなら柄が縦に入り、地の色が多めのタイプが良いでしょう。
個性派重視でしたら、深緑や山吹色も趣があって素敵です。この場合は柄も日本の伝統にあったものが相応しいでしょう。女の子らしさを追求するならベビーピンク。この場合は金銀のキラキラ感は帯のみに抑えましょう。ミステリアス感を出すなら紫。極妻に見えないよう、模様は可愛い方が良いですね。意外性のある華やかさは白。
最後に黒。現代のお洒落な方はこれ。オバさんの礼服化しないよう、思いっきり綺麗な差し色を入れて下さい。では素敵な卒業式を!